年商が500万円以上あれば決算料は100%安くなります。その理由(わけ)をご説明します。

決算量29800円のウソ

ネットで見かけるこんな広告。はたして本当でしょうか?甘い言葉に騙されないためにもまずは決算料の内訳を知ってください。税理士が全て手作業で作業を行っているので年商が上がると決算料も上がる仕組みになっています。※決算料をお支払いしていない方は「顧問料」の中に決算料が含まれています。
わたしたちが調べた結果、ほぼ全ての税理士は「休眠会社や年商500万円以下の会社の一番安い決算料」を広告文に使っているだけなのです。
※「ほぼ全て」とお伝えした理由は、「来年の税理士顧問契約が必須条件」になっている税理士がいらっしゃったためです。逆に私たちがオススメする方法は『休眠会社や年商500万円以下の会社様の場合』は決算料が高くなってしまうため、ぜひ別の税理士様で決算をお安く済ませてください。

手作業を完全自動化して価格破壊!? 業界初の均一料金をついに実現。

私たちは『税理士が今まで手作業で行っていた決算作業』を全て自動化するプログラムを3年がかりで開発しました。そのため、私たち法人決算オンラインでは均一料金59,800円という決算料の価格破壊を起こすことができました。
最新のお客様の声をご紹介します。
当社お客様平均では決算料を26.1%まで圧縮することができました。
あなたの会社の年商だと何万円下がりますか?
当社お客様平均では決算料を26.1%まで圧縮することができました。

以下の条件に当てはまる方は決算料が相場よりもずっと安くなります。

年商が5億円以下である、法人である、決算日までの記帳が済んでいる、クラウド会計ソフトを利用中(freee、MFクラウド会計、弥生会計オンライン)クラウド会計を使っていなくても大丈夫!まずは無料相談を!条件を確認するだけでもどうぞ
あなたはどれだけ安くなる?今すぐ決算料の無料診断スタート

業界初の決算均一料金 59,800円 価格破壊が起こせた3つの理由とは?

理由 その1クラウド会計専用の自動プログラム、理由 その2 信頼性に磨きをかけたプログラム設計、理由 その3 スモールビジネスを応援する使命
こんなに安くて本当に大丈夫?
安心1 クラウド会計ソフト専用だから安心!、安心2 節税対策もしっかり安心!、安心3 認定アドバイザー税理士で安心!

コストダウンに必要なのは少しの決断だけ。高額な決算料を永久に払い続けますか?

年商8,000万円の会社様の場合、法人決算オンラインでお申込みいただくと決算料相場に比べて約18万円安くなります。
上の条件で5年払い続けると90万円も損をすることになります。早めの決断で損益の拡大を防ぐことができます。
あなたはどれだけ安くなる?今すぐ決算料の無料診断スタート
料金プラン
ご利用の流れ