freee・MFクラウド・弥生会計オンラインの法人決算なら、法人決算オンラインで。

法人決算オンライン3つの特徴

法人決算オンライン3つの特徴

クラウド会計ソフト専用設計で「待つだけ」カンタン

freee、MFクラウド、弥生会計オンラインに対応

法人決算オンラインはfreee、MFクラウド、弥生会計オンライン専用の決算申告サービスです。実際の法人決算オンラインソフトウェアは弊社にて稼働させるため、お客様はクラウド会計ソフトの会計データを共有いただくだけ。格安なのにお客様は待つだけで決算申告書ができあがります。

売上高によって決算料が
変わることはありません。

税理士決算料の相場と比べても一目瞭然のグラフ

税理士の決算申告を調べると「格安40,000円から」という広告が出てきますが、「休眠中」「売上高250万円未満」限定であったり、結局は売上高が3,000万円で150,000円であったり、売上高によって大きく変化します。
法人決算オンラインではクラウド会計向けの独自プログラム開発により料金の均一化を実現。どんなに売上が上がっても59,800円のまま!法人決算オンラインはスモールビジネスを応援します。

freeeやMFクラウドだけでは
決算申告はできません。

法人決算オンラインを利用して決算申告できます

実はクラウド会計ソフトだけでは日々の記帳はできても税務署等への決算申告はできません。個人の確定申告であれば税務署の職員に相談しながらなんとかひとりで申告書を作成し申告することができますが、法人の決算申告となるとひとりで行うのは非常に難しいものです。せっかくfreeeやMFクラウドを利用して経理をスマート化しても結局は税理士へ年間10万円以上の決算料を支払う法人が多く見受けられます。
法人決算オンラインでは、クラウド会計ソフトを利用しているスモールビジネスがなるべく税務費用を安くするために、格安で決算申告ができるオンラインサービスを開発しました。
※共有いただくクラウド会計の最終データを決算データとしてそのまま使用いたしますのであらかじめご了承ください。